結婚招待への返事

結婚式の招待状の出し方

トップ

結婚招待

結婚式の招待状が届いたら 

結婚式の招待状が届く場合、事前に確認の連絡があることがほとんどですが、その時に出欠を伝えていたとしても、改めて出欠ハガキで返信するのがマナーです。また、招待状にはふつう返信期日が設定されていますが、新郎新婦は席次や出席者数を早く決めて手配しなければならないため、届いたら数日以内に返信するようにしましょう。欠席する場合は、ハガキにお詫びと簡単な理由を記入しますが、「多忙」は失礼にあたるので注意が必要です。ハガキは毛筆や万年筆で書くのが正式なやり方ですが、ボールペンを使用しても問題ありません。但し、色は必ず黒を使うようにしましょう。宛名面の「〜行」や、裏面(本文)の「御」などは二本線か斜線で消します。結婚は慶事なので、×印で消したり黒塗りにすることは厳禁です。

結婚式で出す招待状について 

結婚式に来てほしいお客さんには、招待状を出します。こだわりのある人は自分でこったものを作られています。自分の好きなキャラクターのものにしたり、清楚なお花模様のものにしたりといろいろです。もちろん、招待状は結婚式場で作ってもらうこともできます。式場で作ってもらうとお金はかかってきますが、しっかりとした出来になります。式場で作ってもらう場合でも、自分で作る場合でも、お客さんに式の情報がしっかりと伝わるものを作ることが必要になってきます。たとえば、式の日時や時間、場所などはお客さんに分かりやすく記載をすることが大切なのです。

結婚式の招待状情報

  • 街コンは婚活にも最適
  • 新着情報